症例紹介(写真あり)

ここでは当院で治療した症例をご紹介します。
手術中の写真なども出てくるため、苦手な方はご注意ください。

症例紹介

猫の先天性横隔膜ヘルニア

前日に2-3ヶ月齢程のオス猫を保護し、呼吸状態が悪いとの主訴で当院へ来院されました。

呼吸促拍(呼吸回数の上昇)および軽度のチアノーゼが観察され、レントゲン検査を実施し、胸腔内に臓器の存在を認め、横隔膜ヘルニアと評価致しました。造影剤を投与してみると、胸腔内に入り込んだ腸内に造影剤が流れている事が観察されました。

呼吸状態が悪い事から、早急に手術を実施致しました。

胸腔内に腸などの腹腔内臓器が観察されました。

造影検査後:造影剤が胸の中にある腸に流れている、胸に内臓がある分お腹が細い事に注目

開腹後の所見:矢頭を境に横隔膜が欠損している、青矢印は心臓

欠損部を補填する為に腹膜を剥離してフラップを作成

片側の欠損部をフラップにて整復

反対側の欠損部も同様に整復

中央部の欠損を縫合し、ドレーンを設置

閉腹して終了:内臓がお腹に戻りお腹が膨れているのがわかる

猫の横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニアには大きく分けると「先天性横隔膜ヘルニア」と「外傷性横隔膜ヘルニア」に分類されてます。

本例は前者で、生まれつき横隔膜の形成不全があり、腹腔内臓器が胸腔内へと移動してしまっていました。外傷性は、交通事故などの強い外傷に伴い、横隔膜に裂傷が生じることで起こります。

内臓が胸腔内に移動する為、肺の換気が上手くいかず低酸素症などの呼吸機能不全を起こします。

治療

治療は手術によるヘルニア孔の整復になります。

「外傷性」の場合は横隔膜の裂傷に伴う為、発症から時間経過が少なければ臓器の癒着も少なく、裂傷部の縫合のみで治療が可能です。しかし本症例の様に、生まれつき欠損している症例は欠損部が広いためヘルニア孔を埋める工夫をしなくてはなりません。

術後24時間以内に重篤な術後合併症(再拡張性肺水腫など)が起こる事が多く、猫の術後死亡率は14%と非常に高いため、術後管理がとても大変な手術です。

2022年08月02日

異所性睫毛

右眼の角膜潰瘍が治らないとの主訴で、かかりつけ医から紹介来院されました。

右眼には明らかな眼疼痛が観察され、角膜中央部やや12時方向に角膜潰瘍を認めました。同部位のフルオレセイン染色検査で染色がみられました。眼瞼裏には、角膜潰瘍に一致する異所性睫毛が認められました。

睫毛を抜毛し、処置後2週間で潰瘍の良化を認めました。

異所性睫毛

本疾患は、眼瞼裏の結膜に角膜向きに生えた睫毛によって起こります。若い犬に多く、急性の重度眼疼痛を示します。様々な犬種(キャバリア、シー・ズー、ペキニーズ、プードルなど)にみられ、上眼瞼にみられる事が多いです。

治療

内科的には睫毛を抜毛したうえで、抗菌薬点眼で経過を見る事が多いです。しかし、睫毛は再度生える可能性や別部位にも新たに生えてくる可能性もある為注意が必要です。

繰り返す場合には、外科的処置(毛根破壊、凍結処置、外科切除など)を考慮します。外科処置をしても別部位に生えてくる可能性もある為、何度が処置が必要になる事もあります。

2022年07月14日

犬の進行性網膜萎縮

 他院にて見えづらくなってきた・時折物にぶつかる様子があるという主訴で来院され、その後当院に紹介来院されました。

 両眼共に瞳が大きく(散瞳傾向)が観察され、視覚の評価では明るい所での歩行検査で異常はみられなかったものの、暗所での歩行時には障害物や壁にぶつかりながら歩く様子がみられました。

 眼底検査(光を感じる網膜などの検査)にて、タペタム領域の光反射性亢進・ノンタペタム領域の色素脱・網膜血管の狭小化が観察され、網膜変性(網膜の障害)を認めました。

犬の進行性網膜萎縮

本疾患は遺伝性の疾患で、数カ月から数年かけて徐々に視覚が低下してくる病気です。眼底の異常などは若齢期(3-5歳くらい)から見られますが、日々の検査で気付かれることは少なく、中年齢あたりから症状が見られ始めるため、発見が遅れてしまいます。

初期症状としては、夜盲(暗闇での視覚障害)がみられます。さらには本疾患が白内障を誘発するため、白内障の治療も必要となる事もあります。

治療

本疾患は遺伝性の疾患の為、有効な治療法はありません。進行抑制を待して抗酸化サプリメントの投与と白内障の評価を含めた定期チェックをお勧めしております。

2022年05月27日

犬の重度会陰ヘルニア

お尻が急激に膨らんで来て、尿と便の出が悪いとの主訴で緊急来院されました。

左右両方の会陰部(肛門周囲)が重度に膨張し、レントゲンおよび超音波検査にて右側に膀胱が嵌頓(ヘルニア内に膀胱が入り込んだ状態)していました。左側には炎症による漿液貯留を認めました。

直腸の触診検査では、直腸憩室(直腸壁の伸展)はみられず、左右からの拡張により直腸が圧迫されて排便が出来ない様子でした。

膀胱の嵌頓に伴い尿道閉塞を起こしていた為、緊急手術を行いました。手術内容としては、去勢手術・精管利用による膀胱固定手術・両側の会陰ヘルニア整復手術を行いました。

レントゲン画像:会陰部(矢印)が重度に膨らんでいる

去勢時に精管を分離・温存し、お腹側から膀胱を引っ張り出し、精管(矢頭)を腹壁に固定して膀胱の再嵌頓を予防

腸管内のガス貯留(黄色〇)が重度でお腹の中に臓器を戻すことが出来ず、浣腸にてガスを吸い出し腹圧を解除してから閉腹

会陰ヘルニアの手術を開始:肛門の左右に拡張したヘルニアが観察される

左右のヘルニア孔を医療用メッシュにて塞ぎ整復

ヘルニアによって伸びてしまった皮膚は切除・整形し、縫合して終了

犬の重度会陰ヘルニア

本疾患は未去勢の子に多く、男性および女性ホルモン(アンドロゲンとエストロゲン)が関与し、直腸を支えるお尻周りの筋肉が弱まり、孔が開いてしまった状態を言います。その孔から直腸やお腹の中の臓器が入り込んでしまい、排便・排尿障害が出てしまうことがあります。

本例は膀胱が入り込んでしまい、尿閉塞状態に陥っていた為、急遽手術を実施させて頂いた子です。膀胱に限らず、臓器の入り込みが重度の場合は、開腹して腹腔内臓器を腹壁固定するなどしてヘルニアへの負担軽減を考慮しなくてはなりません。

会陰ヘルニアに限らず「尿が出ない・出づらい」という症状は緊急性の高い病態の可能性がある為、早急な診察・対応が必要となります。また、未去勢で肛門周囲に膨らみがみられた際には、早めに病院へ相談する事をお勧めします

2022年04月24日

猫のひも状異物

 肛門から紐が垂れさがっていて、嘔吐したら口から紐が出てきたとの主訴で来院されました。

 レントゲン検査およびエコー検査にて胃腸内にひも状異物が観察され、特徴的な腸管の蛇行(アコーディオン陰影)を認めました。

 緊急で開腹手術を行い胃腸管内のひも状異物を除去しました。

矢印:腸管内のひも状異物

矢印:胃内のひも状異物

腸管のアコーディオン陰影像

開腹して腸管の一部を露出した状態:腸管の蛇行が観察された

腸管からひも状異物を取り出しているところ

1か所から一気に取り出す事は出来ない為、全3か所からひも状異物を少しずつ取り出しました

2022年04月01日
» 続きを読む